家庭教師の年齢制限

一般的に、家庭教師になりやすいのは大学生だと言われています。 家庭教師は、大学生のアルバイトの定番となっています。家庭教師になる方法として、一般家庭に直接雇用される方法、 家庭教師専門の派遣会社に登録する方法などがありますが、一般家庭に雇われやすいのは大学生です。 家庭教師専門の派遣会社になると年齢不問で、過去に家庭教師の経験があれば雇ってもらえます。 家庭教師の年齢制限ですが、改正雇用対策法により雇い主はアルバイトを募集する場合に、 「年齢不問」としなければならないと定められています。

原則的に求人する際に、年齢制限はされていません。 ただし、募集条件を入れることはできますから、条件欄にあてはまる人が採用されることになります。 一般家庭の場合、採用は保護者しだいですから、生徒の親に気にいられれば即採用となるでしょう。 家庭教師派遣会社はいつでも自由に登録できますが、登録したからといって必ず仕事が来るわけではなく、 生徒が見つかってから条件が合えば派遣となります。

年齢制限というより、家庭教師になる際に一番有利なのは大学生です。 大学生が多く採用される理由ですが、大学生は現役だからでしょう。 社会人になって勉強する環境からしばらく離れていると、頭が働かなくなります。 教える内容が、子供の教育というより「受験教育」が目的となっているため、多くの受験の現場をくぐり抜けてきた大学生が採用されやすくなるということなのでしょう。