一般家庭の場合

一般家庭の場合、だいたい家庭教師に大学生を採用しています。 家庭教師は、大学生のアルバイトの定番となっています。 ウェブ上に、一般家庭が家庭教師を募集しているサイトがあります。 インターネットで家庭教師を募集しています。家庭教師の募集内容を見ると、年齢制限はありませんが、 募集条件として「大学生・フリーター・社会人・男性希望・女性希望」などとあります。

改正雇用対策法で、雇い主はアルバイトを募集する際に「年齢不問」としなければならないと定められていますから、 年齢こそ書かれていませんが募集条件で振り分けられます。 大学生・フリーター・社会人というのは、この3人が応募してきた場合、 おそらく大学生に問題がなければ大学生、応募に大学生がいなければ、 フリーターか社会人ということになるでしょう。 大学生がいたとしても、フリーターや社会人に子供に勉強を教えるのに適切な人物がいれば、 その人に採用が決まるかもしれません。

一般家庭の場合は、保護者の好みに左右されます。男性希望または女性希望というのは、教える子供が男の子だった場合は男性、 女の子だった場合は女性が採用される傾向があります。保護者は思春期の男女に異性の家庭教師をつけることに抵抗がありますから、同性を選ぶのでしょう。 性別で採用が決まる場合もあるようです。